2005年04月19日

奈良女児殺害初公判 小林被告「第二の宮崎勤か宅間守に…名を残したい」

個人レベルの異常性も、やはり社会の病なのかもしれない。

>>>調書によると、小林被告は「望んだことができて満足。反省の気持ちも更生する自信もない。無期懲役で出所しても、またやらない自信がない」と供述。事件発覚後については「母親がものすごく心配してると思い、大騒ぎになればいいと思った。遺体が見つかって大々的に報道されれば時の人になれるとわくわくした」と述べており、小林被告の異常性が浮き彫りになった。

社会に対して抵抗もしないかわりに、反省もしない
まったく新しいタイプの人間がでてきている。
この手の犯罪を犯すような人間はまだまだ少数だが、
その背後には、多数の予備軍が控えているようだ。
非常に大きな問題だと思う。

posted by やまぶさ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログ探検と興味のある話題: 奈良女児殺害初公判 小林被告「第二の宮崎勤か宅間守に…名を残したい」
Excerpt: こちらにトラックバックをいただいたので,お礼をかねて。 宅間守のときもそうだった
Weblog: ココログ版 iLandの弁明
Tracked: 2005-04-19 15:49

奈良の事件
Excerpt: 今、ニュースで犯人逮捕のコトやってる。 実はこの容疑者、私の彼氏の同僚んちに新聞配達してる人で かなり怪しい人って有名やったらしい。なんか前科アリとか。 この同僚は「絶対、アイツや」って言ってたらし..
Weblog: ☆★ Peek-a-boo ★☆
Tracked: 2005-04-20 15:13

親の役割
Excerpt: やはりわしの思っていた通りなのジャ。 なにかというと、少女監禁容疑で逮捕された小林被告の生い立ちジャ。 まあ、ソースが週刊誌だからして、信憑性には疑問が残るものの。 その週刊誌による..
Weblog: noguさんのぼやき
Tracked: 2005-05-19 22:11

親の役割
Excerpt: やはりわしの思っていた通りなのジャ。 なにかというと、少女監禁容疑で逮捕された小林被告の生い立ちジャ。 まあ、ソースが週刊誌だからして、信憑性には疑問が残るものの。 その週刊誌による..
Weblog: noguさんのぼやき
Tracked: 2005-05-19 22:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。